Welcome

Information

Garden Profile

八ヶ岳ガーデン《グリーンウォーク》はフロントガーデンとメインガーデンにわかれています。

 

Front Garden
10m×12m、120㎡の長方形デザインで、道路沿いの入り口から見える第一印象を鮮やかにする狙いから、白花のみの宿根草や樹木にこだわったWhite garden です。ブリティッシュグリーン(濃緑色)の低いフェンスの中に、様々な白い個性がいろんな表情を見せてくれます。そしてその外周にはオールドローズ、イングリッシュローズを含むツルバラやフロリバンダ系85本の白いバラ。高原の光を浴びて咲き競います。

 

バラの他にはスノーフレーク、スノードロップ、チュウリップ、ジキタリス、カンパニュラ、ホスタ、レースフラワー、サルビア、ゲラニュウム、シレネ、フロックス、秋明菊、百合等、       

                                                         

Main Garden

2030m、600㎡の芝生が広がる中にさまざまな趣きを作っています。

 

 

〈アイランド ベッド〉 

英国のBressingham Gardensを参考に直径2.8mのサークル状のアイランドベッド(島形花壇)が13個。耐寒性の宿根草だけを、さまざまなテーマで植えています。

 

デルフィニュウム、タリクトラム、ベロニカ、サルビア、カンパニュラ、ホリホック、フロックス、ベルガモット、リナリア、ルピナス、アジュガ、トラノオ、リキナセア、千鳥草、芍薬、オミナエシ、ルリタマアザミ、ダリア等 

 

〈ボーダー ガーデン〉

南の隣家寄りには、アイランドベッドから溢れ出した宿根草が、ブルーベリーやライラックなどの潅木と同居してます。                                                         

 

 

〈ローズウォーク〉
12mのバラの小径とその南側は、ツルバラを中心とした56本のバラのステージ。バラのトンネルを通り抜けながらカラフルな花たちの香りが語りかけます。
                                                                                                                                   
代表を選ぶとルージュ ド ピエール ロンサール、ラブソディー イン ブルー、デンティーベス そして イングリッシュ ローズは パットオースチン、グラハムトーマス、アブラハムダービー、サマーソング、クイーンオブスウェーデン
ローズウォーク

 

〈レイズドベッド〉
30mの曲線で作ったレイズドベッド(浮上型花壇)には匍匐性のグランドカバーで黄色のアクセントを演じています。
                                                                                                                   
 
リシマキア、サルビア
〈緑の小川 
西側に極浅のせせらぎをつくりました。春になると、緑の小川は、タイムの花でピンクの小川になります。また、そのまわりはアイリスやモミジなどが彩りで風情を漂わせます。

            

 

                                                                 

〈樹林〉 

リンゴ、スモモ、サクランボ、ブルーベリー、梨、桜、モクレン、ジューンベリー、ニンジンボク、ライラック、利休梅、照手桃、オオデマリ、ヒメウツギ、ノリウツギなどの樹木は小鳥たちがさえずり、実を食べてくつろぐ場所でもあります。