Welcome

Information

Garden History

 

2005年      はじまりは、カラマツ林だった。

 

八ヶ岳の麓に3000㎡のふさわしい用地を3年かけて探したが見当たらず,止む無く1000㎡の富士見高原別荘地、カラマツ林を購入。実現へ、さあスタート! 念願であった退職後の広い土地でのガーデニングに一歩近づく。

 

 

2010年   伐採、伐根、デコボコ斜面。

 

土地確保から5年。やっと東京脱出の条件がそろい、移住の覚悟を決めた。宅地と庭の造成に松の木など100本全て伐採、伐根。クマザザ除去に表土50cm天地返し。しかし現れた造成地は凸凹斜面のため、ブルドーザーの出動で平坦化した。住宅も年末に完成。

 

  

2011年      整地は、難作業つづき。

          

土の中からはクマザサの茎、大小の火山岩の石、枯れた古枝などが取っても取っても出てくる。痩せた赤土には土壌改良が必要と、酪農家から発酵済み牛フンを4トン車4台分搬入し、農協のトラクターで赤土に混入。この年はガーデニング用地の整地で終わった

 

 

                                                                

2012年   自然は厳しい

 

設計図も2年がかりで完成。ガーデンをフロント部とメイン部区割り、フロントガーデンは正方形の固いフォーマルのイメージ、メインガーデンは曲線を多用して柔らかいイメージをデザインのベースにした。耐寒性を称する宿根草を100以上、バラ50本を植栽。しかしマイナス17度の厳寒にほぼすべての花苗は凍死、バラもビニールの冬囲いで保護したが3割が凍死。標高1240mのガーデニングは難しい。せめて1000mの土地にすれば良かったとの後悔も、時すでに遅し、やるしかないと我を励ます。

アメリカ産の芝種トールフェスクを播いたが運動場用の芝で不適格。思い切って剥がした。鹿が侵入し花苗をパクパク。たまらず鉄製フェンス設置。

 

 

 

2013年       構築物作りに没頭。

 

フロントガーデンは白色花のみのホワイトガーデンとして、木製のフェンス作成。センターの通路の周りに何とか冬を越した宿根草を、フェンスの外周には白バラを配置。いまだ土ばかりが目立つ。つるバラ用に高さ2mのフェンスを作成、これでバラがどんなに伸びても大丈夫。 ウッドデッキの下に用具入れを兼ねたワークスペース作成。堀り出した土は一輪車100杯はあった。

 

 

2014年    寒冷地克服はまだ、だけど。

 

メインガーデンの中央に、アクセントとしてレイズドベッド(高くした花壇)30m作成。匍匐性のグランドカバー植栽。イギリス産の芝種を播く。色や細さなど好み通りだ混合種の中の雑種があるのが判明。

 

 

2015年    標高1240mで、できること。

 

バラ追加して140本になった。桜、梨、姫リンゴ,あんず等9本が加わり5年もすれば庭を立体的にしてくれそうだ。やっと土が目立たず草花の緑色支配するようになってきたから嬉しいが庭全体の完成度は70%。喜びもつかの間、芝が枯れ始め、また剥がす。 

ホワイトガーデンにタイル張りのテイーラウンジ完成、やっと木陰ができそうだ。

 

 

2016年 (プラン) 花壇の充実が大きな課題。

 

 宿根草をもっともっとボリュームアップして、花壇の中は土が見えないほど賑やかさを作りたい。